みなさん最近年の差カップルが増えていることをご存知ですか?
実は私も10歳以上離れている人とお付き合いさせて頂いています。

出会いは人によって様々だとは思いますが、きっかけがどういうものか今回紹介していこうと思います。

年の差にいいな♪と思った人に参考になれば嬉しいです。



スポンサーリンク

年の差カップルになるきっかけ

①母子家庭、父子家庭などで育った場合

母子家庭だと父親という存在がどういうものなのかわかっていません。

ですから自分自身の中で理想の父親像を作り上げてしまっているのです。
その中で自分が生活している中で年上の男性と知り合うことがあったら「もしかしたらこの人が理想の父親なのかも・・」と理想像と重ねて好奇心に駆られてしまうことが多いようです。

それがなにかしらの瞬間に恋愛感情に変わるときがあります。

父子家庭も同様に母親の理想を思い描いた状態なのですから、年上の女性に気持ちを寄せてしまうことが自然なようです。

また女性には母性というものがあります。
その母性に魅力を感じてしまうこともあるようですね。

母性に魅力を感じている男性は同じくらいの年齢の女性にトキメキを感じることは少ないようですね。

②年上の経済的部分に惹かれてしまった場合

男女構わず経済的価値観の違いがある異性の年上と出会うと、自分自身の価値観も一気に変わってしまいます。

食事を奢ってもらったりプレゼントしてもらったり、自分1人では行くことが出来ない高級レストランに連れてってもらったりすると高級志向に酔いしれてしまいます。

こういう経験や感覚をもつことが大事な部分を占める役割にもなります。

また「こういうことをしている人は本当に相手のことを好きなのか」という疑問を持つ人もいるようですが、これは人それぞれです。

自分自身のためにお金を使うことが厳しい人からするとこのような部分に魅力を感じてしまいます。

この場合苦労することが今までよりも格段に減っている状態なので、楽をしたいためにこの恋愛を出来るだけ長引かせようと思ってしまうこともあるようです。

どこまで甘えるかはあなた次第ですよね。



スポンサーリンク

③素直に年上が好きだから

私が年上とよく付き合っている理由がここです!

女性の中でも自分より年下がいい、同年代がいいなどの希望はありますよね?
その中でもちろん年上がいい!という人がいても至極当然のことです。

世間一般には年上好きな女性は少ないと言われていますが、その少ない中でも年上と恋愛をしたいと思っているのです。

本人たちはあまり自覚がないうちに年上を探してしまっています。
私がなぜ年上がいいのかというと、私自身の精神年齢がまだまだ子どもっぽい部分があるので年上の男性にリードしてもらいたいと思うためです。

また母子家庭や父子家庭ではなかったのですが、父親との接点があまりなくてどんな人が父親なのかという気持ちはあっていつの間にか年上の男性ばかり目で追いかけてしまっていました。

その中で自分自身がいいなと思ったのが12歳離れた方や今お付き合いをさせてもらっている16歳離れた男性です。

恋人としてもとても好きなのですが、第二の父親としてすごく頼りにしている部分もあります。

ですから最初の方でも書かせてもらいましたが自分自身が生きてきた経験もとても加味される部分であることがわかります。

④年下に相手にされないため

女性側の目線で言うと、特に35歳を過ぎてしまうと同じ年代の人からはまず相手されることが少なくなってしまうのだそうです。

それに男性は元々自分より若い相手を好みます。
ですから若い男性からは相手にされなくて年上の男性に狙いを絞ってしまうことも当たり前になってしまいます。

最後に

いかがでしょうか。年の差のカップルが惹かれ合う理由などは様々になりますが、出会い方には人間の数と同様バラバラなので一概には言えません。

まずは今の自分自身の視野を少し広げてみてください。

そうすると出会いの幅も格段に広がります。またあなた自身の成長にも繋がる第一歩になることでしょう。



スポンサーリンク