男性のみなさん元カノと復縁したいと思うことありませんか?
そういう時どのような行動をしていますか。

よく聞くのは「電話をして話し合う」「メールで気持ちを伝える」などです。
今回はメールに焦点を置いて解説をしていこうと思います。

今はメールだけじゃなくてLINEなども普及しているので手軽に相手と連絡をすることが出来ますが、その手軽さをうまいこと利用することが出来れば元カノとの復縁も可能性が高くなりますが、やみくもに送っていてもなにも進展しません。

例文を交えて詳しく説明していきますので参考にしてくれると嬉しいです。



スポンサーリンク

復縁を成功させるメール&LINEのポイント

①相手のことが1番であることを伝える

復縁するにあたって1番大事になってくることは、元カノがどうして別れたいと思ったかです。
その理由によって大きな差が出てきます。

・好きだけど振るというパターン

みなさんよく振られる=嫌われたという考えになりがちかと思いますが、こういう考えが全てではありません。

むしろ逆の可能性もあります。

元カノがあなたのことを好きすぎでしまいあなたがそっけない態度をとってしまったり、元カノのほかに夢中になることをみつけてしまったり・・そういう姿をみてしまうと相手としてもいい気持ちにはなりませんよね。

ですから自ら身を引いて別れを告げる場合もあります。

・あなたを試している

多少のいざこざがあって相手が突然「別れよう」などと切り出してきた場合、あなたがどんなメールを送ってくるかを試している部分があるのかもしれません。

きっとあなたが追いかけてきてくれるのを待っているのでしょう。

そういう風に感じた場合はすぐにメールや電話をしてあなたの気持ちを伝えるべきです。

こういう形で相手の出方を待っているのはどうかと思いますが、相手は心の底から別れたいなど思っていないと思います。

(例文)
「○○に振られて再確認できたよ、俺にはやっぱり○○しか無理だよ。もう一回やり直してくれないかな?」
「俺に必要なのは○○だけだ!○○が1番大事なんだよ、だからやり直してくれない?」

ここでポイントとなるのは「○○だけ」「○○が1番」このワードです!
女性は俺だけのもの!などというような言葉に弱いのです。
また相手の満たされていない部分がその言葉1つで満たされて満足してよりを戻すことでしょう。

②期限を決めてしまう

これは他の方法と組み合わせるとよいかと思いますが、単発でも紹介します。

どうしても元カノに振り向いてほしいと思ってしまうと「いつまででも待っているからね・・」と言ってしまいがちですが、そうすることで元カノに「あれ?いつまででもいいんだ、ならもう少しあとでもいいか!」と妙な安心感を与えてしまいます。

そうすると復縁も先延ばしになってしまいます。
そうならないように期限をはっきりと決めてしまいましょう。

・個人差はあるけど、3か月くらいがベスト

どのくらいの期限を設けるかは人によって違いますので一概には言えませんが、2~3日は早すぎます。
かといって2~3年は流すぎますよね。

これらから考えてだいたいのベストは3か月くらいかなと思っています。
3か月ほどすると元カノもあなた自身のことが気になってきますし、美化されつつあるかと思います。

(例文)
「俺さ、○○からの返事待っているから。そういえば今度の3月って俺らの記念日だよね、4年目の。俺その日まで○○からの連絡待っているからさ?どんなメールでもいいから連絡頂戴ね!それまでにメールが来なかったら俺諦めて次に進もうと思っているから。」

ここでポイントは相手に返事の日程を強要しないこと!これです。
ここで相手にいつまでに返事して欲しいと言ってしまうと相手にプレッシャーを与えてしまいます。

そうするとあなたが望んでいる答えが返って来ないかもしれません。

また記念日などに焦点当てて待っているとメールをすると相手も「あ・・記念日覚えていてくれたんだ」と嬉しい気持ちになります。

文章は長すぎず、短すぎずにならないように考えながら作成しましょう!
少し絵文字や顔文字などを含ませてメールを送るとなおいいかと思います。



スポンサーリンク

③忘れられないという気持ちを伝える

女性は「お前が忘れられない」や「お前が1番」という言葉に弱いものです。

その人間性を利用して忘れることが出来ないとしっかりと伝えましょう!
お互い冷めきってしまった場合ではこういうメールは意味ないですが、お互いの感情をぶつけあった激しい喧嘩の後ならば効果的です。

そのためにはある程度の冷却期間を置くことが大前提ですね「どうしても忘れることが出来ない」という言葉が出るとしたらだいたい半年くらいしてからでしょう。

また相手の動きはSNSなどを見て確認しておきましょう。
楽しんでいる時にあなたからのメールが届いても心に何も響きませんからね。

(例文)
「久しぶり、元気にしてる?もう○○と別れて1年くらい経つね・・あれから俺さぁ、いいなって思った女の子とかいたんだけど、どうしても気持ちが乗らなくてさ・・・再確認できたよ。俺○○が忘れられないんだよ。○○しかいない・・そう思った。1回でいいから会ってくれないかな?普通に会って話すだけでいいから。」

ここでのポイントは謙虚さです!

さらに「他の女性ではダメだった」などと言われると女性は心地よくなるもの。
そこに「忘れられない」や「○○しかいない」などと付け加えると余計に優越感に浸ることが出来ます。

この際はとりあえず会うための約束をメールでするだけで復縁を迫ることは実際に会ってから直接伝えるようにしましょう。

④チャンスをくれるようにお願いする

別れの原因があなた自身にあるのであればその点を改善しないといけません。

ですがそんな簡単に人間は変わりません。
ですから「チャンスを与えてほしい」という低姿勢なメールを送るようにしましょう。

その間は自分磨きを徹底的に頑張らないといけないので、あなた自身の努力にかかってきます。
別れた頃となにも変わっていないのであれば相手もなにも心動きません。

(例文)
「○○と別れてから毎日ずっと○○のことばかり考えてしまっている・・・俺自身に悪い所があったのは認める。その悪かった部分を頑張って改善するように努力するから、俺にもう一度チャンスをくれないかな?○○を大好きな気持ちは誰にも負けないから。」

ここでのポイントは相手を思う気持ちは誰にも負けないということをちゃんと相手に伝えることです。

自分自身に悪い部分があるとわかっていながら成長できていないことを認めてしまっているうえでチャンスをもらおうとしているので、聞く人からすると多少おこがましい!と思われてしまいがちです。

そこをうまくカバーするように愛のある言葉を並べてみてください。
そうすると相手も嫌な気持ちにはならないと思います。

最後に

いかがでしょうか。今回いくつか紹介させてもらいましたが大事になってくることは女性が言われたら嬉しい言葉はなにかという点をしっかりと頭に入れておく必要があるということです。「お前だけだよ」「お前のことを1番に思っている」「お前が忘れることがどうしてもできない」などの言葉にどうしても弱いものです。

そこを上手い具合にメールで織り交ぜながら復縁に向けての足掛かりに出来ればいいですね。



スポンサーリンク